亡くなられた方 父親
相続人 二女
相続(遺産) 土地、建物、預貯金

相談内容

被相続人は依頼者の父であり、法定相続人は依頼者と姉の2人だけである。
遺産としては、預貯金が2000万円程度はあるはずであり、自宅不動産も2000万円以上にはなるだろうと思われた。
高齢の父の生活を支えていたのは父と同居していた姉家族であったため、依頼者は1000万円程度の遺産分けを考えてくれたらそれ以上は望むまいと考えていた。
ところが、姉は、自宅不動産は家を継ぐ自分が取得する、預貯金は葬儀費用等に充てたので残っていない、だから依頼者に分ける遺産はない、という強硬な態度に出たため険悪となり、もはや当事者間で話し合いができる状況ではない。

サポートの結果

姉に対して遺産の内容と根拠資料の開示を求めたところ、姉側にも弁護士がついたため、開示は早々かつ的確に実行された。
その結果、遺産のうち預貯金の額は約2700万円と判明し(細かい論点はあったが省略)、こちらで取り寄せていた自宅不動産の査定結果によると、不動産の評価額は約2600万円であった。

そうすると、依頼者の取得すべき遺産はざっと2650万円(=(2700万円+2600万円)/2)ということになり、姉側が主張していた葬儀費用を差し引いたとしても、依頼者の取得分は2550万円を下らないと考えられた。

ここで依頼者と協議したところ、依頼者は、すぐに解決できるのならば1500万円程度を取得できればいい、とのことであった。
かなり大幅な譲歩であったので驚いたが、依頼者の意向に沿ってできる限り早期解決を図るべく、姉側に対しては、1か月以内には遺産分割協議書の作成が済むこと(1か月以内の早期解決)を条件に、遺産はすべて姉が取得し、依頼者には1か月以内に1500万円の代償金を支払ってもらう、という内容での解決を提案した。
なお、姉側は承服しがたい費用(例えば戸籍取得費用など)も負債に計上していたが、無用な感情対立を避けるため、その点にはあえて触れなかった。

そうしたところ、姉側もこちらの提案を了承し、無事に早期解決、早期回収に至った。

弁護士からのコメント

亡くなった親と一緒に(あるいはその近くで)生活していた相続人(多くの場合は長男や長女)が遺産の独り占めを主張するというのはよくある話である。
そのような主張をする方々は、常識的にそれが当然だろうと考えていることが多いのであるが、法的には通らない話なので、「当然だ」という態度に出るのは拙い。
本件の依頼者のように、ある程度の遺産分けを考えてくれたらそれでよしとしようと考える人もいるのであるが、法的には大幅な譲歩をしてあげる側なのだから、それが当然だという態度に出られたら反感をもつ。
本件の依頼者も姉の態度に立腹して弁護士に依頼したのであるが、結局は冷静になって譲歩したため、自身が納得できる内容で早期解決に至ることができた。
どちらか一方だけでも感情的なままだったら長期化・泥沼化を免れなかったが、姉側も下手に値切り交渉に出てくるようなことはなく合理的な態度をとったため、スムーズな解決に至ることができた。

遺産分割からトラブルの相談まであなたの相続をフルサポートします!

TEL:0120-543-1440120-543-144
無料相談申込フォーム(24時間相談受付中)
TEL:0120-543-1440120-543-144
メールでのご相談はこちら