遺言書が見つかった場合には「検認」が必要

遺言書を預かっていたり,遺品を整理している際に遺言書を発見したりした場合,まず行わなければならないのは,検認の申立てです。

公正証書遺言以外の遺言は,家庭裁判所における検認の手続を経なければならないと決められています。

この記事では,「検認」について,その手続の進め方や弁護士にご依頼いただくメリットなどをご紹介していきます。

遺言書(公正証書遺言は除く)が見つかったら必ず検認をしなければならない

民法1004条は,次のように規定しています。

第1項 遺言書の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない。遺言書の保管者がない場合において、相続人が遺言書を発見した後も、同様とする。

第2項 前項の規定は、公正証書による遺言については、適用しない。

第3項 封印のある遺言書は、家庭裁判所において相続人又はその代理人の立会いがなければ、開封することができない。

上記の規定を見ていただければわかるとおり、公正証書による遺言以外の遺言書については,必ず検認を受けなければならないのです。

検認を経ることなく遺言を執行したり,勝手に遺言書を開封してしまったりすると,5万円以下の過料に処せられることがあります(同法1005条)。

検認では遺言書の形式や態様を確認する

検認の手続においては,遺言書の形状,加除訂正の状態,日付,署名などといった,遺言書の客観的な状態を確認します。

検認日現在の遺言書の状態を明確にしておくことで,その後遺言書が変造されたりすることを防止することができます。

なお,検認手続では遺言の内容も確認しますが,遺言の有効性を判断する手続ではありませんので,無事に検認を受けたからといって,その遺言が有効になるということにはなりません。

検認手続の流れ

検認の手続は,おおむね以下のような流れで進みます。

1.遺言書検認の申立て

申立書と必要な添付資料(後述します)を付けて,遺言者の最後の住所地の家庭裁判所に対して,遺言書の検認を申し立てます。

2.裁判所による検認期日の通知

検認の申立てがあると,裁判所と申立人との間で検認期日の日程調整が行われ、期日が決定すると、裁判所から各相続人に対して期日の日程が通知されます。もっとも,検認期日に出席するかどうかは,各相続人の判断に任されています。

3.検認期日

申立人は、家庭裁判所に遺言書を持参します。検認期日では,出席した相続人等の立会いのもと,遺言書を開封し,遺言書の状態、内容を検認します。

検認の必要書類と費用

検認の申立てにあたっては,以下の書類を裁判所に提出しなければなりません。

まず,すべての場合に必要な書類は,次のものです。

  • 遺言者の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 遺言者の子(及びその代襲者)ですでに亡くなっている人がる場合には,その子(及びその代襲者)の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

相続人が遺言者の(配偶者と)父母・祖父母等(直系尊属)(第二順位相続人)の場合には,以下の戸籍などが必要となります。

遺言者の直系尊属(相続人と同じ代及び下の代の直系尊属に限る(例:相続人が祖母の場合,父母と祖父))で死亡している方がいらっしゃる場合,その直系尊属の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

相続人が不存在の場合,遺言者の配偶者のみの場合,又は遺言者の(配偶者と)の兄弟姉妹及びその代襲者(おいめい)(第三順位相続人)の場合には,以下の書類も必要です。

  • 遺言者の父母の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本
  • 遺言者の直系尊属の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本
  • 遺言者の兄弟姉妹にすでに亡くなっている人がいる場合には,その兄弟姉妹の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本
  • 代襲者としてのおいめいの中にすでに亡くなっている人がいる場合には,そのおい又はめいの死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

検認を弁護士に依頼するメリットとは

検認の申立てには,上記のように,複数の戸籍が必要になります。場合によっては、必要な戸籍を漏れなく収集し,すべての相続人を漏れなく把握するだけでも大変な手間になることがあります。

弁護士に依頼すれば、戸籍の取得(相続人の調査)は弁護士において行いますので,必要な戸籍を早く漏れなく揃えることができます。

また、他の相続人も来るかもしれない裁判所の手続に自分ひとりで出向くのは不安という場合には、弁護士に検認期日に同席してもらうこともできます。

検認手続について何かご心配な点がある場合は、ぜひ弁護士にご相談ください。

遺産分割からトラブルの相談まであなたの相続をフルサポートします!

TEL:0120-543-1440120-543-144
無料相談申込フォーム(24時間相談受付中)
TEL:0120-543-1440120-543-144
メールでのご相談はこちら