遺言書の一覧

遺言執行者の役割や選任方法について

「遺言執行者」という言葉をご存知でしょうか。 遺言の内容を実現するためにさまざまな手続を行う人が遺言執行者です。 必ずしも必要でないこともありますが,不可欠な存在となることもあります。 遺言執行者を誰にするかは、あらかじ…

遺言が無効になるのはどのような場合か

遺言には,「自筆証書遺言」,「秘密証書遺言」,「公正証書遺言」等の種類があります。 民法において,遺言は一定の方式に従って作成されなければならない要式行為と定められており,それぞれの種類ごとに厳格な要件が定められています…

遺言書が見つかった場合には「検認」が必要

遺言書を預かっていたり,遺品を整理している際に遺言書を発見したりした場合,まず行わなければならないのは,検認の申立てです。 公正証書遺言以外の遺言は,家庭裁判所における検認の手続を経なければならないと決められています。 …

公正証書遺言の書き方とそのメリットについて

遺言にはいくつかの種類があります。その中でもっとも確実性が高いといわれているのが公正証書遺言です。 この記事では,公正証書遺言についてくわしく解説していきます。 公正証書遺言は一番確実な遺言の方式です 「公正証書遺言」に…

遺言にはどのような種類があるのか?

遺言は,自分の財産を誰にどれだけ残したいかという意思を明確にしておく大切なものです。 ただ、遺言については,生前に行われたその意思表示がその人の真意に基づくものであるということを確証できるようにするため,厳格な成立要件が…

遺産分割からトラブルの相談まであなたの相続をフルサポートします!

TEL:0120-543-1440120-543-144
無料相談申込フォーム(24時間相談受付中)